スマッシュのコツ

卓球でスマッシュが入らないという悩みはありませんか?
スマッシュは叩き込むように相手コートに打つショットですが、同時にネットやオーバーミスに繋がりやすいものです。

 

 

ドライブよりもスピードはありますが、回転が少ないのでしっかりボールがバウンドした頂点を待って打つことが大切です。
そんなスマッシュの打ち方は、エンドラインと平行に立って、肩幅くらいに両足を広げて構えます。

 

 

ボールの頂点を狙ってインパクトするので、着地点を予想してフットワークを使って台に近づいて適切な距離をとり、上半身を回して、利き腕側の足に重心をかけます。

 

 

そして、ボールが頂点にきた時には、後ろに腕を引くテイクバックが終わって、コースにしっかり入っていなければいけません。
また、この時に肘の伸ばしすぎは、ミスショットやコントロールが上手くつけられないので、体から肘を離さないことがポイントです。

 

 

体の近くを通ってラケット引き終え、必ずラケットが利き手側の目の視界に入っている状態で待って、頂点をとらえて打ちましょう。
ただ、身長が低い小学生のっジュニア選手ではボールが高く上がった場合に、頂点でとらえられないことが良くあります。
そういう場合は、頂点から下がった位置で打っても構いません。

 

 

その際は、しっかりボールの高さを判断して、右利きの選手なら、右でタメて左足で踏み込んで打ちましょう。
どんなに高いボールがきても、膝を曲げ姿勢を低くしてから打つのがスマッシュのコツです。

 

 

高いボールが上手く打てないジュニア選手は、ラケットを持っている方の足が伸びてしまって高い状態から打とうとしていることが多く見られます。
更に、ラケットはボールよりも必ず下に引くことを意識して行いましょう。

 

 

ボールを捉える瞬間のインパクトはラケットを垂直にし、先端を横向きのまま、ボールの真後ろを下から上に捉えることでドライブ回転をかけて返すことが出来ます。
良くあるのは、ボールの高さと同じにして振り抜くことで、オーバーミスをしてしまうことが多いので注意してください。

 

 

なお、威力のあるスマッシュを打つには、腕の力だけではなく、体重移動で下半身の力を使ってスイングし、なるべく大振りにならずにコンパクトにまとめるようにしましょう。
上手く打てない人にかぎって、ボールに対してスイングと同時に足が出ていないことが多いです。

 

 

筋力がないジュニア選手なら尚のこと、フットワークを最大限生かした体重移動が欠かせません。

 

 

この加藤雅也監修の卓球ジュニア選手育成プログラムDVDでは、フットワークのトレーニング方法から、精度の高い威力のあるスマッシュが打ち方までしっかり映像で学べます。

 

超高いボールをスマッシュする時、やってはいけないこととは?

 

卓球ジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる