フリックのコツ

フリックが上手く出来ますか?
卓球で、相手のショートサービスに対してのレシーブで有効なのがフリックですね。

 

 

これは台上の使う技術になり、初心者には難しく感じるかもしれませんが、攻撃力と決定力に優れているので、小学生のジュニア選手でもコツを押さえておくと良いです。

 

 

そんなフォアハンドのフリックの打ち方は、ボールの落ち所を見定めて、飛んできた位置まで足を入れ、上半身をボールのそばまで寄せます。
この時には肘を適度に開いて肘を曲げ、肘から先を使って斜め上に返すようにしてスイングして下回転をかけます。

 

 

ただ、インパクトの時に手首が曲がってしまうと、上手くコントロール出来なくなってしまうので注意してください。
ラケットを正面に振り、ボールの背をとらえて下に落とすイメージで、スイングのスピード速くして上に払い切るように行うといいです。

 

 

また、ラケットにボールが当たるインパクトは、ボールがバウンドする頂点付近を狙い、その瞬間はラケットを強く握るようにしましょう。
それ以外は、適度に腕の力を抜いているようにした方がラケットをコントロールしやすいです。

 

 

上手くフォアのフリックが出来ない人は、強く打とうしていることが多いように感じます。
ボールの傍まで行ったら、ラケットは肘から先を使って軽く返すことがフォアのフリックのコツになると思います。

 

 

上手に出来ない小学生のジュニア選手は、台の上に肘を置いて練習するのも良いですね。
出来るようになったら肘を離して行うようにしていきましょう。

 

 

なお、ボールに対してラケットを押し込むような感じで打つナックルフリックも覚えておくと試合展開を有利に進められます。
これはボールに回転が掛かっていないので、相手が打とうとした時にボールを落として、ネットミスを犯してしまいやすいという利点があります。

 

 

いずれにしても、バックフリックについて詳しく解説されている教材や動画が多いですが、フォアについては少ないものです。
ですが、試合ではフォア前にサーブを打たれた状況で最も攻撃的に打てる打ち方なので、この機会にしっかりフリックのコツや仕方を知って練習し、効率よく上達させて行きましょう。

 

 

この加藤雅也の卓球ジュニア選手育成プログラムDVDでは、初心者の方でもフリックの独特の感覚を掴みやすい簡単な練習法も紹介してあるので、効率よく上達していくことが出来ます。
もちろん、フォアだけではなく、ナックルやバックフリックの打ち方も映像でしっかり学べますよ!

 

フォアのフリックが苦手な選手の解決法とは?

 

卓球ジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる