スピードドライブの打ち方

スピードドライブが上手く出来ると決定打になりますね。
その為、小学生の卓球のジュニア選手もしっかりマスターしておきたいものです。

 

 

とは言え、ループドライブが安定して打てることが前提です。
何故なら、これがしっかり打てないととスピードドライブが上手く出来ないことが多いからです。

 

 

 

そんなフォア側のスピードドライブの打ち方は、上半身と利き腕側の膝を横に回してバックスイングをとります。
ラケットはループドライブよりも後ろから引き、下から上に振り抜く必要がないので、膝をやや曲げるくらいにします。

 

 

肘はやや伸ばし、腕を強く振るようにすることでスピードがつきます。
そして、重心は利き腕側にかけ、上半身を正面に戻しながら、水平方向にスイングします。
この時には逆側の足に重心を移動させて、体全体の力を使って振り抜くことで、威力のあるボールが打てるようになります。

 

 

利き腕側と反対の足を斜め前に踏み込んでボールの頂点を狙い、ラケットをボールに被せ気味にして、力強くインパクトしましょう。
また、インパクトの瞬間に大きな音がするくらい強く踏み込むことで、よりボールにスピードを加えることが出来ますし、利き腕側の足からスイング時に上半身へ力を伝えることで安定します。

 

 

更に、下回転に対するバックのスピードドライブは、凄く切れてるツッツキやサーブには使わず、バックでもループドライブを多用します。
少し高い、コースが甘いボール、切れていないツッツキなどに使い、後ろから前に振り抜きましょう。

 

 

ポイントが左利きの場合は、重心から少し右、右利きの場合は、重心よりやや左からとらえて打ちますが、前に振り抜くので、スピードの中に回転をつけて打つという意識が大切です。

 

 

この加藤雅也の卓球ジュニア選手育成プログラムDVDでは、コントロールの安定した強力なフォアとバック両方のスピードドライブが身につくコツや練習方法が、実演で分かりやすく映像で解説してあります。
しっかり取り組めば、周りよりも一歩も二歩も前に行けるでしょう。

 

スピードドライブのコツをお教えします!

 

卓球ジュニア選手育成プログラムDVDの詳細を見てみる